>トップ >レポート一覧(カレンダー) >星を見たレポート

「めざせ1000万人!みんなで星を見よう」
星を見たレポート

2009年4月25日のレポート(24件)
«« 前の日 [カレンダーに戻る] 次の日 »»
1   |   2      »       (全2ページ)
名前 個人
場所(都道府県) 兵庫県
人数 1人
コメント しし座、ふたご座
しし座はしばらく前から土星があるので形が何となく変です。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 兵庫県
人数 1人
コメント 明石の天文科学館でプラネタリウムをみました。暗くなると普段見えない星までめっちゃたくさんみえたのでよかったです。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 富山県
人数 1人
コメント 富山市科学博物館で、リニューアルされたプラネタリューム見てきました。 すごかったです。
自分が宇宙に行った気分になります。
迫力満点です。 富山市科学博物館に来てください。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 和歌山県
人数 1人
コメント 今日は雨が降ったのですが、夕方には雨がやみました。今外に出ると雨上がりの空に しし座 北極星 北斗七星 うしかい座 おとめ座と見ました☆ 流星群もこういう時にいっぱい見られたらいいんですけど。今日も星を見て和みました。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 茨城県
人数 1人
コメント 日立のプラネタリウムへ出かけて今月から始まっていた新番組「HAYABUSA」を見て来ました。
 こちらはショートバージョンのようでしたが、きちんとした科学番組といった感じでとても良かったです。
 宇宙に浮かぶ地球の映像シーン等は子供達にもぜひ見てもらいたい美しい仕上がりでした。
 感動のラストのシーンでは思わず涙ぐんでしましました。
 フルバージョンも見てみたいものです。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 兵庫県
人数 2人
コメント プラネタリウムで北斗七星、うみへび座、かに座…など、肉眼で見つけるのが困難な星達の位置をじっくりと確認しながら堪能しました(^^)
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 山口県
人数 1人
コメント
関連URL
名前 マルベリー
イベント名 ナイトツアー
場所(都道府県) 東京都
人数 2人
コメント 春の大曲線、きれいでした。
関連URL http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/index.htm
名前 個人
場所(都道府県) 兵庫県
人数 1人
コメント レグルス、アルギエバ、アークトゥルス、スピカ、北斗七星
雨が降っていたと思ったのに、気が付いたら雲間から星が見えました。雲間に差し掛かった明るい星だけです。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 宮崎県
人数 1人
コメント 非常に強い冷たい風で、思った以上に天気の回復が早かった。月明りが無いので、星見には絶好な日でしたが、雲は多かったなぁ。星は見たけど、星をたどることが出来ず、何の星座だか分からなかった。
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 和歌山県
人数 2人
コメント 土星や、春の大三角・曲線とこと座のベガ!
夜遅くになると、夏の星座が現れるようになりました。

一人は半分寝てたけどw
関連URL
名前 個人
場所(都道府県) 岡山県
人数 1人
コメント ☆西の空には、灰色の雲の群れが走っています。時折小雨の混じる冷たい風も強く吹いています。

見えなくても無理ないと思っていました。

でも、今日は水星の東方最大離角の日。流れる雲の速さは、私には一縷の望み。

101cm望遠鏡の自動追尾の限界までのほんの数分、雲間に光る半月状の水星がいました!!

自分の双眼鏡で改めて水星を探すと、待って待ってできた雲の切れ間で、糸のように細い月が突然視野に入ってきました。
。。。!☆☆

それから、あっという間に夜空がやってきました。
つかの間見せてもらった
土星は、衛星が3つみえてきれいでした。

高度をさげたシリウスに向かって帰り道を急ぐと、フロントガラスに雨粒がビシビシと当たりました。

春の嵐の日の美しい夕空でした。☆☆
関連URL
名前 宮崎県天文協会
イベント名 会員対象星見会
場所(都道府県) 宮崎県
人数 17人
コメント 宮崎大学の学生と一緒に、観望メインで星見会を開催。土星、二重星、M3、M13、M51など春〜夏の星雲星団を見ましたが、とにかく突風が凄く、ポルタに載せていた8cmEDが倒れました。(鏡筒は無事、ポルタの部品が破損)
関連URL
名前 0809
イベント名 星見会
場所(都道府県) 愛知県
人数 15人
コメント 生憎の雨でしたが粘った甲斐があり、雲の切れ間からアンタレスやベガを見れました。変わりやすい天気の中、さらに粘った人は金星や木星も見たそうです。
自分は夢の中で満天の星空を見てました(>_<)
今回施設の方から貴重なお話を聞けました。ありがとうございました。
関連URL
名前 TYPE-A天文部
場所(都道府県) 和歌山県
人数 4人
コメント 【現地のコンディション】
大阪出発時点は雨,奈良経由時は厚い曇だったが、現地に到着すると雲は全天の2割程度
風が強く、コンディションの変化が激しいため、雲に邪魔される事が多かったが概ね全天を見る事ができた
波が高いため湿度が高く、シーイングは最悪であった

【主に確認できた星/星座/星団,星雲】
・西天
土星

・北天
こぐま座(ポラリス)
おおくま座(ミザール,アルコル)

・東天
こと座(ベガ,M57)

【レポート】
南天の開けたアスファルト舗装のパーキングを発見
北極星の見えるうちにGP2赤道儀をセットアップする
今回がデビュー戦なのでセットアップに30分程要する。他の観測者が居ないのでランタン的な物があれば便利だと思う
鏡筒が三脚に接触するため天頂を避け、一番明るく輝くベガを導入、そこから環状星雲(M57)を狙う。去年のリベンジ
接眼ヘリコイドとフリップミラーを接続するためのパーツを買うのを忘れたのでカメラのみでピントを合わせ、アイピース側ではボケボケながらもおおまかにM57を導入する
赤道儀の動きを理解するのは至難の業だが、なんとかこれかな?という位置にセット完了。撮影を試みる
無事環状星雲の撮影に成功!しかしピントは追い込めていないようだ。少し高度の下がってきた子持ち銀河(M51)を狙うもピントが追い込めず写らないorz
その後は湿度がグングンと上がり霧のようになってきたので撤収。初めてにしては上出来だと思う

【総評】
・シーイングは最悪だったが、観望には十分だった
・風がきつかったが、三方を山と林に囲まれており影響を受ける事はなかった
・いい場所を見つけた。護摩の条件が悪い時はこちらを選択できるようになったので遠征の幅が広がった
・接眼ヘリコイドを接続するためのパーツを購入したので、次回はさらに撮影の質を上げたい
関連URL
1   |   2      »       (全2ページ)
«« 前の日 [カレンダーに戻る] 次の日 »»
(2010年01月11日現在)
世界天文年2009(The International Year of Astronomy 2009)
あかつき特設サイト
世界天文年イメージソング
集計結果
プロジェクト情報
Twitter


QRコード(携帯向け)


リンクバナー


自由にご利用ください。
(大きいサイズもあります)